鰹のセリの場面

巻網冷凍鰹のセリを行う。

巻網冷凍冷鰹のセリの場面を見てみましょう。

売り子の登場

朝7時にからセリがはじまります。6時45分くらいから売り子と仕入業者が集まり始めます。
仕入業者は7時のセリに合わせて鰹の質を見定めて準備をします。



セリの開始

「おはようございます。巻網の冷凍鰹のセリを開始します!よろしくお願いいたします!」
という売り子の言葉と共にセリの開始です。



width="250"

巻網冷凍鰹のセリは、鰹のサイズが4.5kg以上、2.5kg〜4.4kg、1.8kg〜2.4kg、1.8kg以下の4つのサイズ別で行われます。 一番最初は、2.5kg〜4.4kgのサイズからセリがはじまります。まず仕入のA者が欲しい値段を出し、その値段よりも高くても仕入れたい業者が高い値段を言います。どんどん高くなっていき、最終的に誰も上を越す値段が出なかったら、売り子がその値段で仕切ります。


協力会社  鰹節小林食品
Copyright (C) 2007 鰹節博物館 All Rights Reserved.