鰹のセリの瞬間

冷凍鰹のセリについて

このページでは冷凍鰹のセリについて紹介いたします。
まずはセリに参加する為の道具を見てみましょう。

鰹を切る為の包丁さやつき

一般的には検品包丁といわれています。



鰹を切る為の包丁

アジ切り包丁に似ているのですが、冷凍鰹の背中の部分を薄く切って身に載っている脂の量を確認いたします。



鰹の身を切る

鰹の背中の脂の載りぐあいで鰹の質が良いかを確認いたします。巻網の冷凍の鰹は基本的には加工用になります。お刺身用の鰹は脂が有った方がよいのですが、加工用は脂が無いほうがよいです。


鰹の脂を見る

こちらの鰹は脂が殆どありません。この鰹を使って鰹節を作りますと、質の良い鰹節ができます。

鰹のせりの帽子

焼津魚市場でセリに参加できる為の帽子です。こちらの帽子が無いとセリに参加できません。

頭の前に屋号をつける


頭の白い所に所属している会社の「屋号」を入れます。

協力会社  鰹節小林食品
Copyright (C) 2007 鰹節博物館 All Rights Reserved.