エンジンルーム

海外巻網船のエンジンルームを覗いてみましょう。

エンジンルーム

船の船主にエンジンがあります。中に入って非常に驚いたのは、エンジンがとても大きくこの時にはエンジンが動いていたのですが、音がとても大きかったことです。

エンジンルーム

また、オイルのにおいがプンプンしていました。

エンジンルーム

船の定期検査は5年に1度で2年半に一度、中間検査があります。
9年から10年ぐらいで新船にしたいのですが、実際は20年ていど使います。
実際は日本で新船が建造された後、日本の船は中古船となって、台湾などに売られます。この中古船を台湾などが使いながら漁をしております。

協力会社  鰹節小林食品
Copyright (C) 2007 鰹節博物館 All Rights Reserved.