海外巻網船正面

鰹の巻網船を真横から捉えたところです。多くの日本人は鰹は「一本釣り」で獲ってくると思っていますが、実はそうばかりではありません。

   
海外巻網船

静岡県の焼津市にある、焼津漁港に停留中の海外まき網船です。ただ今、出向するための準備をしている所です。

海外巻網船

鰹は皆さん一本釣りで獲ってくると考えですが、日本には一本釣り漁法と海外で網を巻いて獲る、海外巻き網漁法があります。
上の青い船は大型の海外巻網船で、船体の大きさは349トンです。
全長は57.80mありまして、全幅は12.0m、深さは7.27mです。
魚を積んでくる漁は満船で800トンくらい積んできます。

日本最大級の巻き網船は、大きさが740トンで1200トンくらいの魚を積んできます。
こちらが日本の最大の船で2008年現在は1隻しかありません。調査船からの転用した船です。

大型海外巻網船「ふじ丸」


焼津では船が大きいために、屋根のある岸壁に横付けする事ができずに、屋根の無い外の岸壁に横付けして、水揚げを行います。


大型海外巻網船


こちらが世界最大級の台湾の運搬船です。


台湾運搬船 栄太丸

運搬船は2000トンくらいの鰹やマグロを積んでくるといわれています。


台湾運搬船 栄太丸

協力会社  鰹節小林食品
Copyright (C) 2007 鰹節博物館 All Rights Reserved.